お魚図鑑

ブラインシュリンプの孵化方法と与え方 – 通常・皿式・殻なしの孵化方法があるよ

画像元:charm

ブラインシュリンプとは?

ブラインシュリンプは鰓脚綱無甲目ホウネンエビモドキ科の生物で、属名のアルテミアとも呼ばれます。

ブラインシュリンプの卵は長期間乾燥に耐えられ、保存、栄養価、食いつきも良いため、熱帯魚やメダカなどの稚魚用のエサとして人気が高いです。

ユウマ
ユウマ
シーモンキーもアルテミアの仲間だよ。

ブラインシュリンプの入手方法は?

休眠卵(ブラインシュリンプエッグ)をアクアショップやネット通販で購入します。
休眠卵を沸かす(孵化させる)ことで、ブラインシュリンプを手に入れることができます。

ブラインシュリンプを孵化させるのに必要なものは?

1.休眠卵
2.海水
3.孵化容器
4.エアレーション
5.スポイト

孵化させるには海水(塩水)が必要になります。
実際に海水を手に入れるのは難しいので、水道水と塩を用意して人工的に海水を作ります。

塩は食卓用の塩よりも、粗塩の方が孵化率が良いです。また、海水魚用の人工海水の素があるので、こちらを利用するのもおすすめです。

海水の塩分濃度は1~2%必要なので、1ℓあたり20グラム~30グラム程の塩をいれます。

孵化させる方法によって必要な容器は異なりますが、専用キットも販売されています。一般的な沸かし方であれば、水量が多くエアレーションが多い方が良いので1ℓ程の水量が入るプラスチックケースで問題ありません。エアレーションさえしていれば、ペットボトルでも問題ありません。

また、孵化したブラインシュリンプを掬うためにスポイトが必要になります。

ブラインシュリンプの沸かし方

休眠卵を海水に漬け、24時間~48時間程で孵化します。
栄養価が高い時期は孵化直後で、24時間経つと栄養がほとんどないと言われています。

また、水温は28度が孵化しやすく、20度を下回るとほぼ孵化しません。
冬場に孵化させたい場合は、ヒーターなどを利用して20度以上を保てるようにする必要があります。

海水生物のため、淡水に入れると1日ほどで死滅してしまうので必要な分だけ小分けに孵化させる必要があります。

ユウマ
ユウマ
孵化させる方法を3つ紹介するよ。

孵化方法① 通常式

通常式は容器に500mℓ~1ℓほどの海水を入れ、エアレーションをします。

エアレーションは熱帯魚、メダカ用のもので問題なく、エアストーンまたはエアチューブをそのまま入れて空気と水流ができるようにします。休眠卵が水中の中を舞うような強めなエアレーションでも問題ありません。

24時間程するとブラインシュリンプが孵化します。

観賞魚用ライトの下に容器を持っていくと、ライトに向かってブライシュリンプが寄ってくきます。集まったブラインシュリンプをスポイトで吸い取り、稚魚がいる水槽に入れます。

ブラインシュリンプが孵化した殻は栄養化がなく、消化不良を起こしてしまう場合があります。できるだけ殻は吸い取らないようにしてください。

少量であれば海水ごと稚魚用水槽にいれても問題ありませんが、稚魚用水槽の水量が少ない場合などは後述するブラインシュリンプの与え方をご参照ください。

1日~3日ほどはブラインシュリンプが湧き続けるので、定期的にスポイトで孵化したブラインシュリンプを稚魚に与えます。ブラインシュリンプが湧かなくなったら、容器に入った海水を捨てて水道水で洗った後に最初からはじめます。

孵化方法② 皿式

皿式はタッパーなどを複数用意し、1日ずつずらして海水と休眠卵を入れることにより毎日新鮮なブラインシュリンプを与えることが可能です。

この方法ではエアレーションも不要で、海水の量も少なくすむのでブラインシュリンプを毎日沸かす必要がある人が好んでやる方法になります。

タッパーに1cm程海水を入れ、少量の休眠卵(耳かき1~3杯)を入れます。24時間程経つとブラインシュリンプが孵化します。

観賞魚用ライトの下にタッパーを持っていくと、ライトに向かってブラインシュリンプが集まるのでスポイトでブラインシュリンプを吸い取ります。

ブラインシュリンプが孵化した殻は栄養化がなく、消化不良を起こしてしまう場合があります。できるだけ殻は吸い取らないようにしてください。

少量であれば海水ごと稚魚用水槽にいれても問題ありませんが、稚魚用水槽の水量が少ない場合などは後述するブラインシュリンプの与え方をご参照ください。

ブラインシュリンプを掬ったタッパーは水道水で洗います。順番がきたら、新たに海水と休眠卵を入れてブラインシュリンプを沸かします。

孵化方法③ 殻なしブラインシュリンプ

殻を分けるのが面倒な場合、殻なしブラインシュリンプを作る方法があります。
ブラインシュリンプも問題なく孵化するのですが、この方法を利用する場合は自己責任でご利用ください。

【用意するもの】
・ビーカー 300mℓ~500mℓ
・キッチンハイター
・エアレーション
・ブラインシュリンプの休眠卵を掬うための入れ物

ユウマ
ユウマ
僕は使ったことがないけど、ブリーチの方が良いという意見もあるみたいだよ。
ユウマ
ユウマ
ブラインシュリンプの休眠卵はとても小さいから、メッシュカップなどの目が細かいものを利用してね。
殻なしブラインのやり方

1.水道水に休眠卵を入れ、30分程放置します。

2.30分程したら水を捨てます。

3.水道水100ccとキッチンハイター100ccを混ぜた水に、休眠卵を入れます。

4.エアレーションを行い10分程放置します。

5.殻が溶けた休眠卵を水道水で洗います。
キッチンハイターの溶剤が残らないようにしっかり流水で洗ってください。

6.通常式または皿式でブラインシュリンプを沸かします。

ブラインシュリンプの与え方

少量であれば海水ごと与えても問題ありませんが、水量が少ない容器だったり、塩分に弱い水草を使用している場合はブラインシュリンプのみを与えましょう。

ブラインシュリンプは非常に小さいため、普通の網ではすり抜けてしまうので目の細かい茶こしなどを利用します。コーヒーフィルターを利用してブラインシュリンプのみを取り出す人もいるそうです。

水道水や飼育水で軽く洗って、稚魚用水槽に入れることで海水を除去してブラインシュリンプのみを稚魚に与えることができます。

ユウマ
ユウマ
スドーのメッシュカップでももちろん大丈夫だけど、取ってついている茶こしも持ちやすくておすすめだよ。

稚魚が少し大きくなったら冷凍ブラインもおすすめ

稚魚の死因で一番多いのはエサを食べられずに餓死することですが、ブラインシュリンプを与えて少し大きくなったら冷凍ブラインシュリンプも与えてみましょう。

冷凍ブラインシュリンプは冷凍庫に保存し、必要な数だけ取り出し与えることができるので休眠卵を使用して孵化されるよりも簡単です。栄養素も付加されているので稚魚のエサとしてもおすすめです。

冷凍ブラインシュリンプをビーカーなどに入れ、飼育水で溶かしてから稚魚に与えてください。

量が多い場合は、成魚にも食いつきが良いので人工飼料と同じタイミングで与えてください。

また、冷凍エサは通販よりもアクアショップで購入した方が安い場合が多いです。通販をする予定の人はご自宅付近にあるアクアショップの金額を調べてから購入することをおすすめします。

ユウマ
ユウマ
成魚にも活きエサや冷凍エサは喰い付きが凄くいいんだけど、与えすぎると人工飼料への喰い付きが悪くなるから注意してね。
アクアリウム関連
\アクアリウムの記事はコチラ/
アクアリウム関連

【観賞魚(熱帯魚)の種類・紹介】
熱帯魚の種類と早見表おすすめ熱帯魚大きくなる熱帯魚メダカの種類(品種)ベタの種類

【観賞魚の飼育方法】
メダカアフリカンランプアイクラウンキリーゴールデンハニードワーフグラミーアベニーパファーゴールデンテトラネオンドワーフレインボートランスルーセントグラスキャットオトシンクルスオトシンネグロクーリーローチコリドラスパンダタイガープレコレッドラムズホーンベタミジンコ

【アクアリウム関連マンガ】
ベランダビオトープメダカくん、さよなら。金魚に首ったけ爆笑!マンガはじめてのアクアリウム水の箱庭

【爬虫類・両生類・奇虫関連マンガ】
秘密のレプタイルズ

【アクアリウムイベント】
2019年のイベント

\アクアショップの記事はコチラ/
アクアショップ関連

アクアリウム用品なら通販もおすすめ!

\チャームの紹介記事はコチラ/
なんだってー チャーム通販 アクアリウム4コマまんが
» Translate